日本人の金融リテラシーは低い?

日本人は欧米人に比べて金融リテラシーが低いといわれます。
その根拠として、しばしば、①家計金融資産に占める現預金の比率が高い(リスク資産の比率が低い)、②オレオレ詐欺などの被害が後を絶たない、などが指摘されます。
しかし、①については、現象からの推測に過ぎず、論理的に金融リテラシーの不足を証明してはいません。
もしかしたら日本人にも欧米人並みのリテラシーがあって、その上で現預金に傾斜した資産構成を選択しているのかもしれないからです。
実際にはそんなことはなさそうなのですが、①の情報だけからならこうした推論も成り立つのです。
一方、②は「お宅のお子さんが交通事故を起こした。今なら示談金で済むがこのままだと逮捕される」とか、孫を装って「会社の金を使い込んだ。明日までに穴埋めしなければクピになる」などと言ってお金を巻き上げる犯罪です。
これらの手口にだまされるのは、困っている子どもや孫を助けてやりたいという“愛情”に根ざして起きることですから、リテラシーの有無とは無関係です。
ただ、そうした愛情の背後には、法律やルールを逸脱しでも身内をかばおうという“欲”の存在があります。
投資詐欺に引っかかるのも“欲”に基づきます。
交通事故や現金の使い込みは当事者の責任に帰せられる事案ですから、法やルールに委ねる覚悟さえ持っていればだまされることはありません。
これらは金融リテラシーとは別次元の問題であり、駅のホームで最前列に立たないリスク管理の意識にも通じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です