毎月の給与と日々使うお金を、家計簿(金銭出納帳)につけている方も少なくないかもしれません。
ただ、金銭出納帳はつけても、それはその時々の収支を記入して、現金の現在有り高を示しているものにすぎません。

もちろん、今、自分がどれだけの現金を持っているかを把握することはとても大切です。
しかし、今では、定期預金とセットになった総合口座の預金があれば、普通預金の残高以上にお金を使うことも可能です。
クレジットカードを使えばなおさらでしょう。

そのような状況で、自分の持っている現金がどれくらいあるかすらわからずに、無計画にお金を使っていては、場合によっては借金だらけになってしまうかもしれません。
そういった面では確かに現在手持ちの現金の有り高を記録するというだけでも有用性はあります。

 

頭に入れておかねばならないのは、金銭出納帳はたしかにその時点の収支を明示しているものではありますが、いわば使ったお金、入ってきたお金の結果を示しているにすぎないという点でございましょう。

そこから一歩進んで、将来の資金繰りや支出予測を立てて、家計をマネジメントするにはキャッシュフローという概念で考えることが必要になってきます。