たとえば企業が、運搬用の小型トラックを1台新規に購入したといたします。
そのときに200万円を支払えば、フローで見れば、200万円の出費(支出)です。
しかし、その小型トラックは資産(車両運搬具)をストックとして手に入れたことになります。
このとき、小型トラックの資産としての価値をどう評価するでしょうか。

買った時点では200万円の価値がありますが、時間が経つにしたがって資産価値は減少していきます。
仮に5年で価値がゼロになるものと仮定すれば、毎年40万円ずつ、資産価値が下がります。

このとき、同時に、費用(償却費用)が40万円分発生したと考えます。
これを企業会計上は、減価償却と呼んでいます。

価値がゼロになるまでの期間である耐用年数は、法令で定められております。
別の言葉で言い換えれば、資産が費用化されるということです。
資産の減少=費用の発生なのです。

 

個人の家計でも、同様の考え方をしてみましょう。
自動車や住宅を購入した場合、現金の面では大きな出費となりますが、それは自動車や住宅という資産を手に入れたということでもあります。
これらは何年も使うことができるでしょう。

しかしながら、同時に、年月の経過とともに減価していくと考えます。
正確には意昧が異なりますが、一般に、売却する場合の下取り価格が下がっていくのをイメージしてもよいでしょう。
土地も私たち人間の生活に不可欠のものであり、建物と同様に不動産なのですが、基本的には減価しません。

どういうことでございましょうか。

建物は使用年数によって傷んできたり、汚れてきて価値は徐々に失われていきますが、土地はそうではないからです。
むしろバブルの時期には物価高騰の勢いの中で、高額物件が続出いたしました。
土地は地域にもよりますが、比較的安定した資産と言えるでしょう。